2017 / 02
≪ 2017 / 01 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - 2017 / 03 ≫

繁忙期はこれからなのですが、今年は“インフル明け”からは
プレ繁忙期とでも言うのか・・・
職場環境等、詳しくは書けない諸事情で
ピアノからは少し遠ざかっておりました。

いえ、もちろん、ちゃんと帰宅はしているので
すぐそこに電子ピアノはあるのですが
私の場合、どうも精神的ストレスがかかってくると
ピアノは拠り所にはならないようで。。。


心の平穏があってこそのピアノ。


まあ、しょうがないですね(^^;
私にとっては、それが現実。


それはそれとして、最近の私のピアノに関する
悩みは、右手の支えが決まらない、、、
具体的には、135でドミソが決まらない。


多分、意味、分からないでしょうね(^^;


先生は、基本的に、私の悩みに関しては
解決策が見いだせないので・・・まあ、それは
ヨガの先生も一緒で、出来ない理由が分からないというか
大人のからだの使い方って、長年のクセなので
骨格とか筋肉とか、そっちの勉強をしている人じゃないと
素人の突拍子もない疑問や出来ないことに
根本的な解決方法は提案出来ないような気がします。


で、今の私の疑問は、右手で135でドミソ、コードで言うと
Cですが、その時に右手の薬指が上がらず
鍵盤に触れてしまうという。。。
(そもそも、最初の先生は、実践でCを135で弾くことは
ほとんどないということから始めていましたし(^^;)
1回弾くだけなら問題ないのですが、反復したり
左手をちょっと考えたりしていると、右手がつぶれてきて
薬指が上がっていないので、ドミソではなく
ドミファソもどきになってしまいます。

右手は小指の先が未だに鍵盤をしっかり掴める感覚がないので
それが諸悪の根源で、アプローチ順はそこからなんじゃないかと
思うのですが、悪あがき?で、薬指が動かない件について
検索してみました。



そうしたら、ピアノよりもギターがヒットするんですね。



ギター経験は、指の動きに関しては、ピアノに対して
アドバンテージになるという仮説が成り立つかも。
いや、綾野剛って、ドラマ「コウノドリ」でピアノを
猛特訓して吹き替えなしとか話題になりましたが
ギターが趣味で、結構な腕前だそう。
まあ、ギター経験がどうこうではなく、それまでの
音楽的環境や持って生まれたセンスという話かも
知れませんが(^^;


ちょっと話がそれました。



さて、これからが今日の記事のメインです。^^

薬指が動かない件について検索していたら
失礼ながら、海のものなのか、山のものなのかも
分からない方の今は更新されていない模様のブログで
ピアノ関連記事3つを読んだだけなのですが
それが結構面白かったのでご紹介。


まずヒットしたのは、こちら。
http://d.hatena.ne.jp/nenemuu/20121015

2012年10月15日付け。
ピシュナ推し、ハノン切り捨て(笑)



タイトルに「その2」とあり、記事の冒頭に「~の続き」とあり
最後まで読んだら、続きの前が気になったので、クリック。
ちなみに、こちらが「その1」。
http://d.hatena.ne.jp/nenemuu/20121002

2012年10月2日付け。
どんなに忙しくても、基礎練習を10分でもよい、だそう。
いえ、それは既に百も承知していますが、精神的ストレスで
基礎練習の10分ですら、どうやっても集中出来ない
時があるんです。。。



その2つの記事を読んで「私、この人、結構、好きかも」と思い
記事一覧を見てみたら、ブログ名「不定期雑記」の通り
ピアノ記事は少数のようですが、先の2つの記事の間に
いかにも興味をそそられるタイトルが!

大人がピアノを練習するということ

2012年10月3日付け。
「大人がピアノを弾けても何にもならない。
ピアノで飯は食えない。ただの道楽。
しかし大変良い道楽であることは確か。
名曲を自分の手で弾くことができるという喜びは、何者にも代えがたい。」
これ、結構、いい線いってる真実ではないかと。^^


スポンサーサイト

はじめに、、、
今回、全くピアノの話はありません。



突然ですが、私は山羊座のA型です。
小さい頃からの刷り込み効果?なのか
結構、その手の性格判断通りのようです。^^



個人情報、垂れ流しでしょうか(笑)



そして、思いもよらず、今回、なんとインフルエンザA型に
感染してしまいました!
昨日の帰宅後に行ったクリニックで判明して
今日から出社停止です。


そういえば、けもネコさんもインフルエンザに
なってしまったとか!
出張中に拾ってしまったのでしょうか。


私は、もうここ何年も風邪すら引いていなかったと思うのですが
まさかのインフル。
予防接種もしていません(^^;

「インフルだったら、高熱でブログなんて書いている場合じゃない
でしょうに」と思われそうですが、どうも熱が出ないパターン
のようで、本人としては普通に出社出来る感じなのですが
周囲にうつしたら迷惑なので休んでいます。

実は、2週間くらい前に、支社長がこの熱が出ないパターンの
インフルで、3日休んで復帰。
「インフルで、3日休みで復帰していいの???」と思いましたが
自分もそうなってみると、3日で復帰出来る気持ちは分かります。

まあ、私は課長から「今週いっぱいは休んでください」と言われた
ことですし、金曜日は仕事の都合上、出社しておきたいところでは
ありますが、1月は決算月でもないですし「今週いっぱいの4日間
+土日」を休んで、来週から出社が妥当でしょうかねぇ。


現在の諸症状としては、横になれば咳が出るくらいで
(昨日の月曜日は、会社で仕事中に結構咳が出たので
帰宅後にクリニックに行ったら、インフルと診断された)
「本当にインフル?」というくらいなんてことはないので
ピアノの練習でもしようかと思ったのですが
さすがにズル休みでもしているような後ろめたさ???を感じ
今日のところは、午後からしっかり 昼寝 睡眠(^^;


たまたま、私は身近なところで熱が出ないインフルの話を
見聞きしていたので「私も?」くらいでしたが
まだ知らない人もいるんじゃないかな。
『インフル 熱が出ない』 で検索してみると
挙げられている主な理由は4つ。

・インフルエンザB型
・風邪薬を飲んでいた
・予防接種を受けていた
・高齢者


だそうで、大人2割、高齢者5割で熱が出ないらしいです。


うーん、、、どれも当てはまらない(^^;


免疫力が低下していると熱すら出せない(=高齢者が熱が出ない)
とありますが、確かに、インフルにかかってしまったというのは
免疫力の低下によるものだと思うのですが、熱が出せないほど
低下しているとは思いたくない。。。


確たる裏付けは取れませんが、私、もう5年超になるかな、、、
週1回、加圧トレーニングをしていて、信憑性は不明ですが
「風邪を引きにくくなる」という説があります。
まあ、加圧に限らず、運動することで、抵抗力や免疫力が
アップするという類の話でしょう。

それと無理やり関連付けようとするならば、今年度は
9月から12月までは父の入退院で、加圧は3ヶ月間休んで
1月から復帰したところ。
1月に入ってからの寒波到来のせいだと思っていたのですが、
1月は小さな腹痛や頭痛というオーソドックスな体調不良をはじめ
不眠や立ちくらみに至るまで、なんか体調が優れず。。。
そんなこんなで、今年はインフルにかかってしまったけど
熱も出ない軽症???で済んでいるのかなと。


ただ、その加圧も、もういい年になってきたので
体への負担を考えて、回数券が終わる次回を区切りに
最後にして、普通の筋トレに切り替えようと思っていた
ところなんですけどね。


∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞

最後に、、、

「熱が出ないインフル」が初耳だった方のために
私の実例を挙げておきます。
何かの参考にでもなる、、、かな???

これと言って、気をつけようがないとは思いますが
皆さま、どうぞお気をつけください m(_ _)m
(強いて言えば、早期検査かなぁ)

▼続きを読む▼

DQ、FFと言っても、SMBとは言わないのは何故?
(いや、検索すると、言われてはいるみたいでした)

私は、DQの初期はかろうじて知っていますが
ゲームはやったことがないですし、FFは全くなので
それらゲーム曲を聴いても、特に盛り上がる???ことは
ないのですが、その高揚感が少し分かるような気がする
動画を見つけました。


飛びぬけて再生回数が多いのがありますが、それは
どこかで取り上げられたのかな。

そして、ピアノの先生なのかな???
(自宅に、Steinway & Sons?)

「SMB」は、完全にレパートリー化しているようです(笑)




弾いている手が見えるので、本番よりこちらの動画を。





こちらは、バイオリンとコラボ。
バイオリンのルパン3世、カッコ良すぎでしょ!




こういうこと出来たらなぁ。
こういうのが夢かも(笑)

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
月4回、いや3回は、ブログを更新していきたいと
思っていますが、1月から雲行きが既にあやしいです(^^;


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


さて、キャサリンロリンテクニックの最大のキッカケだった
こちらの記事。

★力と根性では解決しない「手首の問題」
http://lessonblog.sonoragarden.com/?p=339

この大塚先生の他の記事にも、おおいに頷いて
心に留めておりました。

★コードでピアノを弾こう
http://lessonblog.sonoragarden.com/?p=232

☆堅苦しいクラシック曲より、自分達の知っている親しみやすい曲の方を
喜ぶ人達も多いからです。


これは、当時の私の先生も同じ意見で、そんなこともあって
1曲目は「はるがきた」、2曲目は「見上げてごらん 夜の星を」と
なった面もありました。

と言っても、コードで自由に弾けるのは、いつになるのやら、、、で
私が出来たことと言えば、コードをアルペジオにしてみたり
ルート音から和音という程度の変化が精いっぱい。。。
それだったら、下手な変化を求めずに、コード譜通り?、
左手のコードをジャーンと鳴らし、右手のメロディは単音で
いかにきれいな音で弾くかの追求・・・と言うと、恰好いいけど
まあ、単純に、忘れないようにということもあって
弾き続けています。

そんなきれいな音の追求にあたっては、こちらの記事。

★まずは1音にこだわってみよう
http://www.piano-k.net/article/melma_bn1409_yoko.html

これ、キャサリンロリンテクニックの手首の使い方と同じ
なんですよねー。
ただ、それは今、改めて記事を読んでみると「ガッテン!」と
いう感じですが、当時は読んで、言いたいことは分かったものの
どうしたらいいのかピンと来ていませんでした(^^;

こちら「人気ピアノ講たちの【うまく弾けちゃうアドバイス】」という
メルマガだったようなのですが、そのバックナンバーで
「なるほどね~」と思ったのは、こちら。

★大人ピアノ初心者の方へ やさしいフレーズを侮るなかれ!
http://www.piano-k.net/article/melma_bn1312_azuma.html

こういうことを言われなくても、なんとなくやっていた、、、
という人は、うらやましい限りですが、運動神経の有無と同じで
言われないと自分ではなかなか気付けないんですよねぇ。。

こんな記事を目にして踏まえて、右手の単音メロディーは
強弱を考えて弾いてみたりもしていましたが、
どうにも「ダサい」ままなのが、歌詞で言うところの
「くるしくなぁんか(ドドドドミレドシ)」の「くるしく」のところ。
ドのシャープの4連続。
ポップスなので歌詞はあるし、いくらでも歌手が歌っているので
イメージはしやすいのに、4つの音を均等にも出来なければ
強弱をつけてみても、私のピアノから出てくる音は「ダサい」(> <)


そんなところ、、、年始に「ビビビッ」と来た記事がありました。

★手首を使って打鍵する。腕ごと弾かない。
http://piano-pipi.jugem.jp/?eid=1227

これも言われなければ、私は未だに分からなかったかも(^^;
言われてみて、何気にやってみたら「おぉ、こういうことか」と
思いました。

私の場合、あまり腕を使って弾いていたという意識はなく、
どちらかと言えば、指の付け根から動かすということを
していたつもりなのですが・・・

☆慣れてきたら、手首を使って連打するですよ~。

これ、4つじゃなくても、2つの連打でも「いい感じ」の強弱に
なるような気がします。
多分、はせば先生としては、まず「指の付け根で連打」の
イメージを掴んで、次の段階として、指の付け根でやっていた
動きを手首でやる、、、ということかなと思うのですが
指の付け根の骨って、手首に繋がっているので、視覚的に
指の付け根から動かすと、手の甲の骨が手首まで
ピクピクと動くのが分かるので、「手首で連打」というのは
分かりやすいような気がします。

まあ、この辺は、感覚的かも知れず、今の私にとっては
「手首で連打」という表現が、「ビビビッ」と来ただけかも
知れませんが(^^;


そうそう、「ビビビッ」とは真逆で、最近、なんとなく
「もしかして、あれは、こういうことを言っていた?」と思ったのが
人前演奏デビューの時のピアニストさんに言われた脱力のイメージ
『お風呂で床に指をついたような感じ』というヤツ。
文字通り、お風呂で床に指をついた時の感覚ではなく、
指をついたまま手首を持ち上げると、手の平側に
浮力?水力?でフワッと持ち上がるような感じのことを
言っていたのかなと。


ということで、今年も「見上げてごらん 夜の星を」は
弾き続けます。^^

2016年最終日。
そして、ピアノをはじめてから1年半超。
世間一般の大人のピアノ歴1年半と比べると
投げ出していないことに驚かれそうなレベルですが
ピアノは練習量と比例する典型だとすれば
全く文句はありません(^^;


*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*


レッスンでは、ようやくキャサリン・ロリンのテクニック(1)の
終わりが見えてきて、先生は(1)の次は当然、(2)(3)に
行くものだと思っていたみたいですが、(1)を選んだのは
ピアノで避けては通れない『手首の問題』の解決策???として
推薦されていたので、大変興味がそそられ、(1)は一度
やっておきたいと思ったもの。
一方、(2)(3)は(1)のように触れられているのを見たことが
なかったので、それらには特にこだわりがなく
(1)を最後までやったら、それで終わりにして
次に行こうと思っていました。
そうなると、次はどうしようか考え始めておく必要があります。


私がピアノをはじめた動機は「この曲が弾けるようになりたい!」
というより『ピアノが弾けるようになりたい』というものなので
自分のイメージしているように物理的に弾けない状況で
曲に果敢に取り組むより、地味な基礎練習からアプローチした方が
思い描いている自分に近づいているような気がするので
「私って、性格的には、ピアノ向きとか???」と錯覚しそうに
なります(笑)

いえ、たとえ基礎練習をやったからと言って、それが習得出来るか
どうかは、また別のお話ということは重々承知しているけど、
かと言って、それらをすっ飛ばして弾けるセンスは、残念ながら
持ち合わせていないことも自覚しているというものです。


で、地味な基礎練習と言えば・・・ハノン?
もしくは、ハノンに代わって推されつつあるリトルピシュナ??


先日のレッスンの時に、先生にこの話をしていたら
先生は、体験レッスンのときに、ハノンを持ってきたくらいなので
ハノンに賛成かと思っていたのですが、意外にそうでもないような感じ。。
(何でだろう?レッスンをやってみて、私はハノン向きではないと思った???)
そして「待雪さんは、バッハのインベンションをやって欲しいというか、
合いそうな気がするのよね」と薦められたのですが、さすがに
「でも、その間に何か必要よね」と。
はい、推薦になびきやすい私ですが、私もその間に何か必要というのは
同感です(^^;


ちなみに、先生はキャサリンを知らず、私がテクニック(1)を
やりたいと言ったので、こうして見てもらっているのですが
やりながら「こういうことかなぁ?」と言っているくらいで
私が変な質問をすると「ちょっと待ってね。私、どうやっていたっけ?」
とか言って考え出したりするので、キャサリンの効能?を実感して
いるようには感じられなかったのですが、、、
もしかしたら、先生の方がキャサリンに興味が出てきて
(2)(3)を見てみたくなったとか???


とまあ、ことの真相は不明ですが、この際、海の向こうの
キャサリン
に習っていると思って、テクニックは(2)(3)まで
通しでやってみることにしました。

ただ、テクニック(1)をやったからと言って、キャサリンの抒情詩や
プレリュードに行けるとは思えず、、、そのために用意されているのが
レパートリーでしょうから、テクニックは(2)進んで、基礎練習は
レパートリー(1)で復習。



なんかあれこれ考えた時間がもったいなかっただけ、というような
結論になりましたが、やることを前もって決めておくのは好きなので
ヨシとしましょう(^^;


*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*


ところで、キャサリンのテクニック(2)(3)に、(1)のような
興味をそそられる推薦文はないだろうかと検索していたら
こんなのを見つけました。
と言っても、(2)(3)の推薦というものではないですけど。

<手のかたち>
http://enjoypiano816.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

<姿勢>
http://enjoypiano816.blog.fc2.com/blog-entry-203.html


いえ、私、最近、練習した後、右肩周り、、、肩甲骨から二の腕
方面のだるさを感じておりまして。
顕著なのが「片手がスラー、片手がスタッカート」という練習で
右はスラーにしてもスタッカートにしても、右の小指側が
指を支えきれずに手がつぶれてしまうという。。

左がだるくならないのは、右手の方が動かしているせいも
あるかも知れませんが、おそらく最大の要因は、右小指が
しっかり打鍵出来ない(鍵盤の上を滑っているような感じで
接地面がいつも不安定)ために、本来は手のひらの小指側の
筋肉で支えられる(踏ん張れる)ものが、肩甲骨あたりで
代替しているような気がする。。。

練習の後にだるいということは、そこにガチガチに力が
入っているということに他ならない(^^;
多分、右小指がしっかり打鍵出来ないという感覚が、打鍵前から
後まで無駄に力を入れ続けているのでしょうねぇ。

練習としては、打鍵後は、手首を持ち上げて(←キャサリンの
テクニック(1)のイの一番に書いてある)、ピアノの奥の方へ
重さを抜く感じで、、、そうすれば、自然と第一関節も曲がって
そこで支えられる訓練にもなりそうだし。


ということで、私は、まだあまりキャサリンの効能が現れて
いなさそうですが、また来年もよろしくね。^^
See you, Catherine!

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -