2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

以前、自分で苦労して?気付いたことを
先生に話してみたら、呆気なく肯定されて
「早く言ってよ。。。」と思ったことがありましたが

(先生へのダメ出し。「オクターブ下のルート音→コード」と
弾く場合の移動のコツ
。オクターブを掴んでおく。)

今回、また似たようなレベルで気付いたことがあったので
先生に話してみたら「本当ですね。えー、考えたこともなかった。」と
言われました。


もはや考えなくても体に染みこんでいる人と
何かコツやとっかかりがあるんじゃないかと探して
それを突破口にして習得しようとしている人の違いに
苦笑しました。

ただ、今回の先生は、以前、呆気なく肯定された先生ではなく、
別の先生なので、もしかしたら、以前の先生に聞いたら
また「自分ですぐ気付くと思ってた」とか軽く言われたに
違いない、、、と想像します。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□


今回の課題は、三和音を両手で4オクターブ
の上がりと下がり。
ジャーン、ジャーン、ジャーン、ジャーン 
と上がって
ジャーン、ジャーン、ジャーン、ジャーン
と下がる。
これを、C、D、E・・・と順にメジャーとマイナーで。

1オクターブの移動になる訳ですが
両手(指は135)とも三和音でジャーンとやっているので
指をオクターブで構えて移動する〝しゃくとり虫”は使えず。

ですが、差しあたっては、素早い移動を求められている訳ではなく
拍が変わることなく、音を間違えずに押せることが課題。
なので、目視メインの横移動ではなく、山なりに1オクターブの距離を
感覚で移動出来るようにする課題としました。


私、ピアノの一番最初が「春が来た」のコード(CFG)から
入っているので、キーがCのダイアトニックコード
最後の「シレファ」が「Bm♭5」というコードネームは
覚えていませんでしたが、「ドミソ」と弾いて、その手の形を
そのまま右に平行移動、、、つまり、白鍵だけで横にズラしていく
コードが「C Dm Em F G Am、次のBだけ特殊」というのは
記憶にありました。

で、三和音のメジャーかマイナーかは、第3音が半音か全音の
違いだけなので「C Dm Em F G Am」の鍵盤を知っていれば
「Cm D E Fm Gm A」は、コードネームの通りに
第3音を半音上げ下げするだけ。
なので、楽譜の音符を読んで、鍵盤を押すのではなく
第1音と第5音はメジャーもマイナーも同じなので
第3音を理論的に動かす、、、という
楽譜の音符を全く読むことなく、弾いていました。
(ハノンのように、楽譜を読む負担はなく、指の動かし方の
課題と割り切って)
逆に「楽譜→音符→鍵盤」という3ステップも踏む方が
作業工程としては煩雑で、効率的な方を選んだ訳です。


でも、そんな私の頭の中を知らない先生は、
キャサリンロリンのテクニック1の終わりがけに
怒涛で出てくる「メジャーとマイナーで移調」の
練習課題が出てきたとき、楽譜を見ずに
鍵盤ガン見で弾いた私を「え?暗譜したの?」と
ちょっとビックリしてました(^^;


具体的には、、、
     
メジャー(長調)=全「全」半全全全半
マイナー(短調)=全「半」全全半全全
              ↑
この「 」内の第3音が「全」=長調、「半」=短調。

つまり、C=ドミソ(CEG)なら、Cm=ドミ♭ソ(CE♭G)になる。
Dm=レファラ(DFA)なら、D=レファ♯ラ(DF♯A)になる。


ね?
「C=ドミソ」「Cm=ドミ♭ソ」と、2つ個別にコードを覚えなくても
片方を知っていれば、もれなくもう一つも分かってしまう。
素晴らしい!
そりゃ、使わない手はないでしょ。^^

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

長くなったので、次に続きます。


スポンサーサイト

ブログから遠ざかっていると、そういうタイムスケジュールに
なってしまいますね(^^;
それは、ブログのみならず、ピアノの練習も然りなんでしょうけど。

私のピアノは、何のしがらみもプレッシャーもなく
練習不足でもレッスンに堂々と通える
大人にやさしい環境なので、ブログから遠ざかっていても
挫折した訳ではなく、超マイペースで進行はしています。^^

しかし、予定では、ロリンちゃんのテクニック1は
とっくに終わっているハズのような、、、
まあ、いいや ┐(´-`)┌


その大人にやさしい環境のレッスンで
ロリンちゃんのテクニック1のハノンっぽい練習課題で
「へぇ~」と思ったことがあったので
ブログに書き留めておこうかと。


その練習課題はこちら。


170521_152106 (002)


Cから順にメジャー/マイナーを続けるというもの。
それも、5指のドレミファソファミレドだけ。

これに至るまでの課題も「白鍵からはじまる5指の移調」の
バリエーションで「黒鍵と白鍵、弱い4,5指の音が
均等になるように、指や腕の動きを意識して、ゆっくり弾く」
ということを目的に弾いてきたので、これも予習段階では
その延長で弾いていました。

私は「右手の小指問題」を抱えているので、この課題は
結果的に、右手の小指に集中という感じになっていたんだと思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

私の右手の小指問題、、、鍵盤をしっかりつかめずに、第一関節が
まむしになっており、滑ってしまうような感じで、弾いていて
左の小指とのギャップが気になって仕方がないというもの。
ですが、1か月前くらいに気付いたのは、鍵盤をつかめずに
滑ってしまうのは、指の関節か、手首なのか分かりませんが
脚と同じで「外側重心」になっているからではないかと!

脚の外側重心の人は多く、靴のかかとの外側が減る人で
太ももの内側の内転筋が弱い人。
なので、脚の場合は、内転筋を鍛えるのが対策の一つなんだけど
指には筋肉がない。。。
指を動かすのは、手のひらの筋肉と手首の角度なので
その辺からのアプローチか、、、と模索しているところ。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そして、レッスンで、先生から言われたこと。


①これは、実は「ドレミファミレド」で、頭の中は「ドソレソ」ではなく
「ドーレーミーファーミーレードー」で弾くといいかも。

②前半が長調、次が短調なので、短調の最初の「ドーレー」から
短調と聴いた人が分かるように弾けると良い。



予習段階では、全く考えることなく、気付きもしなかったことなので
「これがレッスンで得られるものなのかも」と思いました。^^
それどころか、逆に、②なんて「始まりのドレはどちらか分からないくらい
同じが良く、3音目のE♭で「あ、短調(暗い)ね」と聴こえたらOK」
くらいに思っていました(^^;

で、①は、そのように弾いてみると「なるほど」という感じなのですが
②は、それがいわゆる〝表現力”ということなのでしょうが
私が出せる音の違いは、せいぜい強弱。
それも、弱だと、ふにゃふにゃな音にしか聞こえず、しっかり弾くと
ドレはドレでしかなく、長調も短調も全く同じ(^^;


先生からは「出来る、出来ないはまた別のお話で、気持ちの問題で
頭の中でストーリーを考えたり、そういうイメージで弾くということで」
と慰められました。
チャンチャン(^^;

PC、入れ替えました。

正確には、先日、とうとう壊れてしまい、
否応なく、新PC導入。

新PC導入により、便利なWin7とは、強制的に
お別れとなりました。
会社もまだ7なので、会社が10になるまで
なんとか家のPCがもってくれれば、、、と
思っていたのですが、無念。。。

とりあえず、最低限、ネットはこうして繋がりましたが
分からないことだらけ。
しばらくストレスになりそう(> <)

この当たり前のことに気付くのに、1年半超もかかった、、、
のか、それとも、1年半で済んだ、、、
のかは、分かりませんが、自分の浅はかさというか小賢しさに
苦笑しました。


「急がば回れ」と言いながら、思いっきりショートカットしていた
ようなものです(> <)


・・・なーんて、そこまで大げさな話でもないのですが(^^;


というのは、ピアノを始めるにあたって小賢しい大人は
ネット上に無数にあると言っても過言ではないコツや上達方法を
調べた結果、ピアノの鍵は「手首の脱力」にあるらしいと気付き、
中でも『力と根性では解決しない「手首」の問題』という記事に
おおいに触発されて、キャシーのピアノコースのテクニックを
教本に選定して、これまで取り組んできた訳です。


記事の中でも

>その結果、全くの初心者だったある青年は、
>最初から手首が柔軟に使えるようになっているものだから、
>半年後には初心者と思えないような美しい音色で情感たっぷりに
>「Yesterday Once More」(もちろん両手)を弾いていました。


には「おぉ。。。」と思い、私もこれに続くべく取り組んできたのですが
やってみた(いえ、まだ継続中で、やめるつもりはありませんが)
感想は・・・

『子どものようなふにゃふにゃな手(支えやアーチが崩れる手)の
大人は、手首の柔軟以前に、指の力で弾けるようになることが必要』


です。


そういう視点で先の記事を改めて読んでみると、邪推かも知れませんが
昔の子どもは、手はたまご型、手首は固定?のいわゆるハイフィンガーが
主流でピアノを習ってきたので、指の力はついて力は入れられるけど
脱力の仕方が分からないまま、、、という人が多いのではないかと。

>昔ツェルニー100番まで習ったけど、手が動かなくて挫折した
>という主婦の方


なんて、まさにそういう人では?


脱力って、そもそも「力が入っている」「力を入れられる」ことが
前提にあった上で「力を抜いて」という話になるのであって
力が入っていない、自分の意思で力を入れることが出来ないような
ふにゃふにゃな手で、手首の柔軟性や回転(キャシーが言うところの
“ドアノブのように”)を使って、鍵盤を押していていは
指の力はなかなかつかず、いつまで経っても
手はふにゃふにゃのまま。。。


全くの初心者だったある青年は、これまた邪推ですが
「青年」なので、おそらく子どものようなふにゃふにゃな手ではなく
ピアノは弾けるくらいの手(指の力)はあったところに
手首の柔軟な使い方がインプットされたので、効率的な上達に
繋がったのではないかと。
同じことが、ツェルニー100番の主婦にも言えて、ツェルニー100番まで
子どもの頃にやった人であれば、ピアノを弾く手(指の力)は
ついていると想像します。

ということは、つまり、今の私に必要なのは、いわゆるハイフィンガー的に
指の力で鍵盤を弾けるようになることに違いない。


ですが、世の流れとしてはハイフィンガーは時代遅れ、重力奏法推し???
のような雰囲気。
確か、けもネコさんが、かつてリンクで紹介していた
こちらの記事なんて象徴的。

なので、実は、私の中でハイフィンガーは、はなから否定的???な
先入観があったのですが、それが浅はかなショートカットで
ハイフィンガーでも弾けるくらいの指の力(素地)があった上での
重力奏法であり、「手首」の問題なのではないかと。


言ってみれば、、、

NO ハイフィンガー, NO 重力奏法
NO ハイフィンガー, NO 手首


みたいな(^^;


いえ、別にこの場合の“ハイフィンガー”は単なる象徴というか
分かりやすい例えに過ぎず、要は、指の力。
そうですよね、ピアノって、、、鍵盤って、指で弾いているのですから。


とどのつまりは、、、

NO 指の力, NO ピアノ

とか???


まあ、これだけ世の中「ピアノは手首の脱力」と言っていて
誰も「ピアノは指の力」とは言っていないので
眉唾モンですが、再開組ではない初心者の中年女性には
アルと思います(笑)


以下は、参考記事です。

こちらで「あ、やっぱり?」と思いながらも
「でも、書いている人が昔にピアノを習った人とか???」
という疑惑が、最初は無きにしもあらず(^^;

指の力でピアノを弾く訓練

でも、その後、検索していたら、こちらを見つけ
上記の記事の補足となり、疑惑が解消されたような。^^

ピアノの練習について
[音楽・ピアノ・ショパン・「音吉君のピアノ物語」]


>指の打鍵のみで弾ける訓練は必要だと考えてます。
>そこで、音の粒をそろえることを学びます。
>それは必要な技術のはじめの一歩です。



はい、1年半超かかって、実感しました(笑)

本日、某上長の最終日。


\(⌒∇⌒)/


私の本日のテーマソングは「Let it go」。
流行は過ぎ去った感はかなりありますが
あの英語の歌詞が気持ちよくて。

もうホント、「I'm free!」と駆け出したいような気分です。^^







最近、この手の前置き(余談)の方が、力が入っている?感が
ありますが、ここはピアノブログなので、有名ですが
The Piano Guysの「Let it go」を。







ただ、これは、せっかくのJon(piano)のひじから手首までが
見えないので、それが見えるのも貼っておきます。
この腕を見ていると、私のフォルテなんて、Jonのピアノかも。
私なんて、どれだけ思いっきり弾いても問題ないどころか、
ホント「もっとしっかり弾け!!!」という話です(^^;

手なんて「支え」とか「アーチ」という次元ではなく
手の甲に鉄板でも入っているかのような安定感。
指でしっかり鍵盤を押しているし、小指を動かす
手の平の筋肉の分厚さよ。
そして、手首どころか、腕の動きのしなやかなこと。

この腕になりたいかと言われたら、なりたくありませんが
ピアノを弾くためには、この腕は欲しいです。
希望は高く、そして、言うのは自由ということで(^^;






05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -