2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

「コード分解・・・の続き(7/5)」を完結させないと
という強迫観念?に駆られているA型ですが
まだ道草をしているという。。。(^^;



先日、『音階』について読みたい記事があったのですが
Microsoft Edgeからだと、サポート詐欺の広告になってしまい
結局、読めずじまい(> <)

でも、そういうのって、なんとなく次を呼ぶというか・・・
ま、おそらく普段なら同じように目にしてもスルーしているけど
自分の中で気になっているので、目に留まる、、、というだけ
なんでしょうけど、昨日、『音階』の記事を目にして
「そうそう!」と思ったのが、こちら。


https://ameblo.jp/kuragepf/entry-12317328705.html
両手「音階」の攻略


この記事の「弾きやすい音階はロ長調」という主張には
「2つのかたまり」という「考え方」としては弾きやすいということに
なるのでしょうけど、実際に弾くとなると、初学者の実体験から言えば
黒鍵は鍵盤が細い分、初学者は物理的に弾きにくいでしょうね(^^;
私の場合、特に右の小指は滑りまくり。
白鍵でも右小指は滑り感があるのですが、黒鍵は高いので、
文字通り、滑ります(> <)

物理的な弾きにくさは、個人によって差があるところでしょうし
「練習で回数をこなすしかない」に賛同しますが
初学者にとって左右の指が違う音階って
結構、難しいと思うのですが、ほとんどの先生は子供のころに
習得してしまったので、どうやって習得したかなんて覚えていないし
おそらく考えることもなく「練習で回数をこなして」出来るように
なってしまったんだろうなと想像します。

だから、先生に聞いても「慣れで、練習すれば、その内、出来る
ようになる」という回答のみ。

ちなみに、私は、ロ長調からではなく、ド定番?のハ長調から
はじめましたが、先生から教わったのは、右手と左手の
送り順(指順)のみで、後は「練習あるのみ」と。

つまり、
右は、12312345で上がって、54321321で下る。
左は、54321321で上がって、12312345で下る。

で、後は、繰り返し練習。

あー、こうやって書きだしていれば、もっと早く気付いたかも。


当時の私は、当然、右→左→両手の順で進めたのですが
ピアノ初学者は、左右、違うことをするのが
メチャクチャ難しい訳で。。。
片手づつでは出来るからと、いざ両手で合わせてみると
間違えても、どこでどの指が間違えているのかが分からなくて
何をやっているのかが分からない状態。


先生やスタジオのオーナーに『何かコツとか、気を付ける点は
ないんですか?』と聞いたのですが「慣れ」「練習あるのみ」と。


どこでどの指が間違えているのかが分からなくて
何をやっているのかが分からない状態の私がやったのは
鍵盤に指番号を書いたシールを貼る、、、ことはしませんでしたが、
左右で、鍵盤の間隔の通りに指番号を書いた紙を
楽譜代わりに立てかけて、間違えて手が止まったときに
正解の指番号と、実際の自分の指がどうなっているのか
分かるようにしてみました。

何故、何をやっているのか分からなくなるかというと
黙っていれば左右同期するものを、脳は左右で違う動きを
要求するので、ちょっと左に集中すれば、右が左に
同期してしまったりで、結果、しっちゃかめっちゃか(> <)


でも、指番号を書いた紙(正解)を置いて、答え合わせを
しながらやっていく間に、ようやく私が求めていた
『コツ』に気付きました。


3は、左右とも、同じタイミングじゃん!


つまり、ミとラで3になっていなければ、そこまでの間に既に
間違えているということ。
先に「こうやって書いていれば、もっと早く気付いただろうな」
というのは、タテに見れば、3は同じタイミングというのが
一目瞭然。



なので『ハ長調の音階のコツや気を付けるのは3の指』と
いうのが、自分の経験から分かったこと。



これ、私にとっては大発見で、レッスンで先生に話してみたら
「言わなくても気付いていると思っていた」と言われたシリーズ。。。
お願いだから、とっとと言って(^^;

でも、本当のところは、先生にとっては大発見でもなんでもなく
当たり前過ぎて、考えたことも気付いたこともなかったに違いないと
思っていますけどねー。


そして、『両手「音階」の攻略』の記事の文の
『ピアノが人間の手の為に作られた楽器だということが
よくわかります。』

には、おおいに賛同します!



・・・と、ピアノが弾ける人にとっては、もはや共感が得られるか
どうか分からないピアノ初学者のハ長調の音階の難しさを
力説?してみましたが『両手「音階」の攻略』の最後の最後に

関連 さよならハ長調

とあり「ん?」と思ってクリックしてみたら、なんとそこにサラリと
ピアノ初学者のハ長調音階の混乱状況が書かれておりました(^^;
せっかくですので『さよならハ長調』の記事も行ってみてください。
面白いです。^^


ということで、私は、ピアノ初学者の方に、声を大にして言って
あげたいのは
何故か大した苦もなく、出来てしまう人が器用?なだけで
出来ない方が普通ですから!(・・・多分ね)




ということで、今日の結論は『Let's 音階!』でしょうかね^^


スポンサーサイト

またしても、一カ月更新がないと出る
スポンサーサイトが出現していました(> <)
それを消すためにも、ちょっと面白かったTV番組の
youtubeを拝借(^^;



ただ、1点。
拝借なので、文句は言えないのですが・・・


何で全画面じゃないのかな?(^^;


まあ、そもそもTV番組をyoutubeにしていいのか。
ましてや、それを拝借、、、という話なんですけどね。




さて、そのTV番組とは、日曜夜遅くのテレビ朝日系列の
「関ジャム 完全燃SHOW」。
清塚さん、ピアノの回ではよく出演しているような気がします。


あ、清塚さんと言えば「金曜ドラマ コウノドリ」の続編が
10月13日スタートなので、観なくては。^^


話を戻して、こちらのyoutube。
画面の小ささには目を瞑って、ピアノについては
11分あたりから。
清塚さんのしゃべりは、賛否両論あるようなのですが
ミーハーな私レベルだと、分かりやすくて
いいと思いますけどねー。


印象深かったのは、和音を端だけ強く弾く、、、
そんな〝芸当”が出来るようになる日が来るのでしょうか。。。







ちょっと前に「別宅の真相」なんていうのが
連日、ワイドショーで取り上げられていましたっけ。

もちろん「Pfの真相」と「別宅の真相」とは
全く関係がありません(笑)


♪~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪ ~*~♪


さて、「Pfの真相」、、、
もしかして、ピアノ弾きなら、当然、知っていることなのでしょうか(^^;


コンサートとかで「ピアノ担当を「P」ではなく「Pf」とあるのは何故?」
と思いながら「ま、そういうものなんだろう」くらいで
とりたてて気になる訳でもなく、調べる(検索)ことも
ありませんでした。


それが先日、ピアノのレッスン動画を見ていたら
「ピアノ」の元の名前は「ピアノフォルテ」で、それが省略されて
現在は「ピアノ」になっているという話を聞き
「なるほどねぇ。なんか納得~。」とちょっとした
衝撃を受けました(笑)

でも、その時点では、それ止まり。
「ピアノ」の元の名前は「ピアノフォルテ」。
ザッツオール。



それが、その数日後。
突然「あーっ!Pfって、ピアノフォルテの略か!」と
思いつき「おぉ、めっちゃ納得!!!」という感じ。



それにしても、繰り返しになりますが、、、
「Pfの真相」は、ピアノ弾きなら、当然、知っていること
なのでしょうかね(笑)


1か月更新しないと出てくる広告記事まで
カウントダウン状態でした。

「前記事の続きを備忘録として書いて完結させておかなくては」と
思いながら、かえって、そのせいで書き上げることが出来ずに
現在に至ってしまったような気もします(^^;

なので「ちょっと、ここでブレイク」じゃないですが
違う話を間に入れておきます。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

いえ、何かと言うと、今日、会社でバインダーの金具のところを
親指でグイッと押したら、なんとピアノ以外でも、第二関節が
がっつり「まむし」状態(驚)
ピアノ以外、それも職場では、今日初めて気付いたくらいなのですが
どうも私は、親指に力を入れると、日常生活においても
マムシになっていたようです(^^;


会社で気付いたので「ピアノを中学生まで習っていた」と
数か月前に知った斜め後ろに座っている同僚女子に
「ねぇ、これ、ピアノでマムシ指って言うんだけど、なった?」と
マムシになっている状態の手を見せながら聞いてみたら
「何、それー?」と驚かれて「どうやったらなるの?」と
言われた後に「でもねー、私、親指のこっちの関節(私のマムシを
第二関節としたら、第一関節の方)、こんなに反れるんだよ~」と
実演してくれました。
それが、90度というのか、180度というのか、、、
関節として曲がる向きを間違えているくらい
反っていました(^^;
まあ、私のマムシも、関節として曲がる向きを間違えている
という話になりますが。
本人曰く「ずっとこうやっていたら(机に指を押し当てながら)
なっちゃったみたいなんだよねー」と。

やはり、ストレッチ系は、ずっとやっていると
そうなっていくということの証明を見たような気がしました。


さて、そんなことが、会社であった今日。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

帰宅して、某ブログの記事で、親指の向きについて
分かりやすいように「〇」バージョンと「×」バージョンの
写真が載っていて「これは極端だけど、まあ、こんな感じ」的な。

私はマムシ解消のためには、親指の向きは、外側を向くように
意識するのがいいのではないか、、、
第一関節が曲がって指先は内側を向いていることで
第二関節に力が入らないで済んでいるのはないか
(第一関節が過度に出しゃばった代替動作をしている)、、、
という仮説を立て、ピアニストの親指の打鍵の際に
指先の向きをyoutubeで見て、その仮説に基づいて
解消に取り組んできました


ただ、ピアニストの親指の向きが外側を向いているように
見えるのは、日常的に幅広い音を掴んでいる結果だろうなとは
思いましたが。
そもそも、私の仮説が正攻法であるならば、絶対に
ピアノ業界(笑)で、世の中に流通している話でしょうし。
それに、ピアノに限らず、基本たいていのものは「自然な形」が
望ましいんだろうなとは思いましたが、私の場合、マムシ解消という
目的のためには、背に腹は代えられぬ???ということで。

結果、私としては、アリの手段だったような気がしますが
正面切って「×」となっていると「うむむむむ。。。」と(笑)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

で、久しぶりにピアノと親指について
ネットで検索してみたら、、、
当時の検索ではヒットしてこなかったブログ記事が
ヒットしてきて、それがなかなか興味深く、また
親指の記事以外も「なるほどねぇ」と思ったので
忘れないように、自分のブログ記事に貼っておこうと思い
「ちょっと、ここでブレイク」という本日の記事になりました(^^;

●ピアノの脱力のための親指の使い方について

その記事の最後の


『他の指よりも親指は独立感と力がある感じがするため、
勝手に力が入りやすい指である。
薬指や小指が弱いと感じてしまう人ほどその危険性が高い。
親指の自然な形をとにかく「意識」し、変な力が入りやすい形になって
いないかをチェックすることが、脱力の実現への大きな一歩である。』

は、実感します。
練習課題で親指から弾き始めるのは、何も考えずに弾くと
親指の音が一番大きくなっているので。
クレッシェンドなのに、最初の音が一番大きく聞こえてしまう
というような(> <)

しつこいですが、私の場合「親指の自然な形=マムシにならない形」
なので、目先「親指の先は外向き。第一関節を伸ばす」も
自然な形に含む、、、としておきます(笑)



前記事からの続き。

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○

楽譜を読んでいる訳ではなく、
暗譜に見えて、暗譜している訳でもなく、
(そもそも楽譜を読んでいないんだから、暗譜ではない)
一瞬で機械的に反射しているだけ、、、
というのが、一番近いのかな。

1オクターブ内で移調していく分には
「反射」と「ダンス暗譜もどき」の合わせ技で
回数を重ねれば、なんだかんだと確度は上がっていきます。
ただ、手の形も鍵盤を押す位置も他とは違う黒鍵の多い
B(シ)の三和音は気を抜くと間違えるし、押し外すし、
鍵盤を押す前に手が止まってしまうこともあるのですが
まあ、そうは言っても、こちらも毎回、最初は慣れず
間違えても、繰り返していけば問題なし。

ですが、1オクターブで移動するなると、まず「ダンス」自体が
これまでとは違う動きになるし、これまでは1と5は安定的に
迷うことなく鍵盤を押せていたのが、1オクターブの長距離移動に
なることで、3の指以前に、1と5からして鍵盤を押し間違えないように
どこを見て移動すればいいのかというような不安定な状態。
つまり、これまでは3だけ注力していればよかったのが
途端に作業工程増(> <)

よって、 自分でも驚くくらい、想像以上に、長距離移動の
8回のジャーンは、壊滅的。。。(> <)

で、見かねた?先生から、練習の順序として
三和音を分解する提案されました。
Cメジャーなら、まずはドだけで移動。
次は、ミだけ。ソだけ。
続いて、ドとミ。ミとソ。ドとソ。
計6種類をやってから、7種類目でようやくドミソ(三和音)。

先生からは「時間はかかるし、面倒だけど、これでやってみて」と
宿題に。

そういえば、以前「腕のスタッカート」の和音でも
分解練習の提案があったことを思い出しました。
その時は、スタッカートの三和音だったので、そもそも小指が
スタッカートの鍵盤の衝撃に耐えられなかったので
それを軽減するため?の分解かなと思っていたのですが
衝撃軽減でもあり、レベルを下げた練習方法でもあり、、、ですかね。


さて、出された宿題をやり始めてみたものの
注意すべき点が分からないまま、とにかくやっているという感じ。
つまり、これを何度やっても、効果が感じられない感じ。

こういう時には、超便利なネット様。^^
1オクターブの移動程度で「跳躍」というには気が引けながらも
小さな跳躍であることには変わりはないだろうと
注意点とか練習方法がネット上にはあるに違いないと
探してみました。

「これだ!」というのは見つからず、、、とりあえず
上位に載ってきて、単に安易にパクられているのか
良いと思われて引用されているのか不明ですが
All Aboutの「音を外してしまう5大原因」は
まさに「その通り」・・・ただ、その後に続く説明は
それほど役に立たないような(^^;

その5大原因とは、次の通り(便宜上、上から番号を付けました)

①どの音を弾くべきなのか完全に覚えきっていない(音を探している)
②跳躍する距離を体が覚えていない
③跳躍の際に最短距離で移動していない(無駄な動きをしている)
④飛ぶ先の鍵盤を見ていない(上手に目を使っていない)
⑤跳躍に気を取られて、その直前の音をおろそかに弾いている


どれもごもっともなんですが、後に続く説明を読むと・・・

③は、先生からは「横(水平)移動ではなく、山なりに(弧を描く)」と
言われたのと相反するので、現時点では、スルー。
多分、初心者には弧を描いた移動を習得するのが
先のような気がします。

そして、こんな記事を見つけました。
「半円を描くように意識して弾いてみると、一瞬考える余裕もでき・・・」
とあり、やはり初心者や子供には、まずは「山なりから」が
急がば回れ、なんじゃないかと。

④は、見ているんだけど、三和音だと、どれを見たらいいのか
よく分からない(決められない)
「3つ全部だよ」と言われそうだけど、それが出来れば苦労はしない
という話な訳で。
よって、これも現時点では、いったん保留。

⑤は、今の私の練習課題では、あまり関係ないかなという感じ。
前の音を雑に弾いているという自覚も、特にないし。

③④⑤は、そういうことで横に置いておくとして
上から順番をつけたのですが、その順番通り、
対応すべき優先順位は、やはり①②だろう、と。

で、①です。
私が迷うのは3の指。
3の迷いにつられてか、5の指も不安定。
とは言っても、5は押さえる音は分かっていて
外しているけど、3は音自体「どっちだっけ?」という
こともある。
もう「3の指を半音上げる、下げる」なんて悠長な対応は
通じず、さすがにここまで来たら、覚えてしまった方が早いと
悟りました(^^;
(というか、この時点で、覚えていておかしくないくらい、それまで
しつこく反復してきているハズなんですけどねぇ)

それで、宿題の分解練習も踏まえ「どの鍵盤か迷う3の指の
順番を覚えてしまうのが、早いかな」と思い、メジャーのC,D,E・・・の
3の指を追っていったら・・・

E F♯G♯A B C♯ D♯ E
つまり
ミ ファ♯ ソ♯ ラ シ ド♯ レ♯ ミ
この順って
全 全 半 全 全 全 半

え?
これって、ホ長調の音階じゃん!!!



これに気付いたときは「早く言ってよー!!!」という感じ。
いえ、3がホ長調の音階だと知っていたら、指が動くという訳でも
ないのですが、コードを知っていて、理論を理解している人にとっては
驚くべきことではないに違いないと思ったので。

だって、これに気付いたとき
「あ、そりゃ、そうなるのか???
1はドレミファソラシドとハ長調の音階で移動していて、
3の指は、全部1から全全半で平行移動しているんだから
ミから始まる長調の音階になる(=ホ長調)ってことなのか?
そしたら、5の指は・・・げっ、ソから始まるト長調じゃん!
あ、だから、Bの三和音の5はファ♯の黒鍵になるのか!!!」
と次から次へと、別に謎に感じてはいなかったけど
謎が解き明かされるかのように「全部、説明がつくことだったのね、、、」
と脱力。。。

いや、ここで脱力出来ても、何の役にも立たないしー。

とまあ、いろいろな感慨を持ちながら、気を取り直して
「ということは、マイナーの3の順は?短調の音階???」
と思って、拾い出してみたところ・・・

E♭ F G A♭ B♭ C D E♭

ん?
あれ??
全 全 半 全 全 全 半

ということは、E♭major scale、変ホ長調の音階
短調じゃなかったか。。。
というか、何で長調になるの???


自分では明快な説明が出来ませんが
想像するに、ハ長調=イ短調のように(調の五度圏
変ホ長調=ハ短調なので、短調じゃない訳ではない。。。


分からないけど、おそらく今後進んでいくと
その内、説明出来るようになるような気がするので
そのあたりは、また次の機会にして、目先は

『3の指の順は、メジャーはホ長調の音階で
マイナーは、変ホ長調の音階だった』

というお話ということで。

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○

あれこれ書いていると、どうしても長くなってしまう(^^;
ということで、もう1回、次に続きます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -