2017 / 03
≪ 2017 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫

はじめに、、、
今回、全くピアノの話はありません。



突然ですが、私は山羊座のA型です。
小さい頃からの刷り込み効果?なのか
結構、その手の性格判断通りのようです。^^



個人情報、垂れ流しでしょうか(笑)



そして、思いもよらず、今回、なんとインフルエンザA型に
感染してしまいました!
昨日の帰宅後に行ったクリニックで判明して
今日から出社停止です。


そういえば、けもネコさんもインフルエンザに
なってしまったとか!
出張中に拾ってしまったのでしょうか。


私は、もうここ何年も風邪すら引いていなかったと思うのですが
まさかのインフル。
予防接種もしていません(^^;

「インフルだったら、高熱でブログなんて書いている場合じゃない
でしょうに」と思われそうですが、どうも熱が出ないパターン
のようで、本人としては普通に出社出来る感じなのですが
周囲にうつしたら迷惑なので休んでいます。

実は、2週間くらい前に、支社長がこの熱が出ないパターンの
インフルで、3日休んで復帰。
「インフルで、3日休みで復帰していいの???」と思いましたが
自分もそうなってみると、3日で復帰出来る気持ちは分かります。

まあ、私は課長から「今週いっぱいは休んでください」と言われた
ことですし、金曜日は仕事の都合上、出社しておきたいところでは
ありますが、1月は決算月でもないですし「今週いっぱいの4日間
+土日」を休んで、来週から出社が妥当でしょうかねぇ。


現在の諸症状としては、横になれば咳が出るくらいで
(昨日の月曜日は、会社で仕事中に結構咳が出たので
帰宅後にクリニックに行ったら、インフルと診断された)
「本当にインフル?」というくらいなんてことはないので
ピアノの練習でもしようかと思ったのですが
さすがにズル休みでもしているような後ろめたさ???を感じ
今日のところは、午後からしっかり 昼寝 睡眠(^^;


たまたま、私は身近なところで熱が出ないインフルの話を
見聞きしていたので「私も?」くらいでしたが
まだ知らない人もいるんじゃないかな。
『インフル 熱が出ない』 で検索してみると
挙げられている主な理由は4つ。

・インフルエンザB型
・風邪薬を飲んでいた
・予防接種を受けていた
・高齢者


だそうで、大人2割、高齢者5割で熱が出ないらしいです。


うーん、、、どれも当てはまらない(^^;


免疫力が低下していると熱すら出せない(=高齢者が熱が出ない)
とありますが、確かに、インフルにかかってしまったというのは
免疫力の低下によるものだと思うのですが、熱が出せないほど
低下しているとは思いたくない。。。


確たる裏付けは取れませんが、私、もう5年超になるかな、、、
週1回、加圧トレーニングをしていて、信憑性は不明ですが
「風邪を引きにくくなる」という説があります。
まあ、加圧に限らず、運動することで、抵抗力や免疫力が
アップするという類の話でしょう。

それと無理やり関連付けようとするならば、今年度は
9月から12月までは父の入退院で、加圧は3ヶ月間休んで
1月から復帰したところ。
1月に入ってからの寒波到来のせいだと思っていたのですが、
1月は小さな腹痛や頭痛というオーソドックスな体調不良をはじめ
不眠や立ちくらみに至るまで、なんか体調が優れず。。。
そんなこんなで、今年はインフルにかかってしまったけど
熱も出ない軽症???で済んでいるのかなと。


ただ、その加圧も、もういい年になってきたので
体への負担を考えて、回数券が終わる次回を区切りに
最後にして、普通の筋トレに切り替えようと思っていた
ところなんですけどね。


∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞-*-∞

最後に、、、

「熱が出ないインフル」が初耳だった方のために
私の実例を挙げておきます。
何かの参考にでもなる、、、かな???

これと言って、気をつけようがないとは思いますが
皆さま、どうぞお気をつけください m(_ _)m
(強いて言えば、早期検査かなぁ)

▼続きを読む▼

スポンサーサイト

確かfc2は、1か月期限で、記事を更新しないと
広告が現れるような。。。
広告阻止のために、記事を更新(^^;



今日は、10月10日・・・

ということは、ちょうど1カ月前、それまでに何の前兆もなく
父が心停止となり、以後、何かとバタバタしておりました。


救急搬送されて処置をしてから、結局、3週間超、ICUにいて
10月上旬に一般病棟に移ることが出来ました。
家族としては、3週間目くらいから「ICUにいる方が、かえって安心」
くらいに思っていたところがあり、一般病棟に移るということは
喜ばしいことなんでしょうけど、看護師さんの目が離れてしまうことで
ちょっと心配だったのですが、意識がある患者にとっては
ICUは相当ストレスが大きいところのようで
一般病棟に移ってから、日に日に見た目は回復傾向にあります。^^


この1カ月の間、ピアノを触ったのは、9月下旬の10分足らず(> <)
ピアノ(曲)が弾ける人は、何らかの思いをピアノにぶつけて、、、と
いうことも出来るでしょうが、いかんせん、練習レベルでは
ピアノに向かう気になれないことが分かりました。


私自身「覚悟してください」と先生から言われるような場面に
遭遇したのは初めてで、今回、初めて知ることが多かったので
落ち着いたら、ここはピアノブログだけど、脱線して
そちらの記事を記録しておこうかと思っていたのですが・・・
病に関しては、人それぞれのことが多いので
どうしようか思案中です。。

「もしや?」と思ったものの「いやいや、違うでしょー」と
打ち消して、素直に聞いてみたら、すんなりストレートに
回答が!(笑)


そして、結婚で思い出したのがこちら。
ちょっと話題になっていたので、既に知っている人が多いかも。







*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

さてさて、、、

私もブログの更新頻度が下がっていますが
(・・・って、そもそも頻繁に更新してないし (^^; )
特にピアノのやる気と連動している訳ではありません。

書きたいこと、、、というか、記録しておこうと思ったことは
いくつかあって、画像は加工までして保存してあるのに
記事にしないまま1カ月以上経過。。
こういうのを「ただのぐうたら」と言います(> <)


この週末に、更新しよう。
(・・・と、宣言しておけば書くかな (^^; )

今日は、ちょっとした決断をしてきました。
このところ、それにウダウダと囚われていた感があったので
スッキリしたかな。


それはさておき、ピアノブログではないのですが
なんとなく定期的に目を通しているブログに
紹介されていた言葉に、激しく同意(笑)しました。


>>>

努力したら努力した分だけ成長できるというのは幻想とされています。
クリエイターの世界では努力と成長は比例しないのです。


(中略)

成長の度合いは階段を上がるようなもので、努力しても結果が出ずに
横ばい状態になることは当たり前。
それでもくさらず努力する人こそ、成長することができるのです。


>>>


音を紡ぎ出すピアノ弾きも、クリエイター。^^

たとえ、1年もピアノをやっていて、ハ長調のyouのサビに
30分かかろうとも、挫折せずに、継続していれば
私の前には成長しかない。。。


意訳にも程があります? ハハハ。。。

びこさんの苦節3か月の演奏を聴き・・・
そして、ふと一年前の今日が、人生初のピアノ体験レッスンに
行った日だったことを思い出し、1年経った今日、思った言葉を
書き留めておこうと思います。
2年後、3年後には何を思っているのやら。。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜


為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
(上杉鷹山)

少なくとも、今の私のピアノに関しては「成らぬは人の為さぬなりけり」。
2年目は、もう少し、自分にプレッシャーをかけて、取り組んでみようと
思います。



ところで、、、

為せば成る 為さねば成らぬ成る業(わざ)を 
成らぬと捨つる人のはかなき
  (武田信玄)

こっちが先で、上の言葉は、こっちのパクリだとは知りませんでした(^^;

実は私は、ピアノの練習を「楽しい!」とは、あまり思ったことが
ないのですが、かと言って、全く挫折する気はないという
摩訶不思議な自信?があったりします。
なので、万が一、挫折しそうになったら、思い出すことにします(笑)


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜


さて、戦国武将のお言葉はこのくらいにするとして・・・
あれは、睡魔に襲われていた頃だったか、、、
私がピアノをはじめるキッカケの友人ピアノ講師から
言われたこと(一部抜粋)。

もしかしたら、ピアノ初心者には、適切なアドバイスなのかも???
というのは、けもネコさんの「タッチ」の記事を読んでいて
ふと思い出したので(後半部分)。
ちょっと観念的かな。


大事なのは耳で音を聞き分けること。
CFBbEb..をするならその音程を声に出して歌ってみるのもいいかもね。
メロディを弾くなら弾きながら同じ旋律を歌ってみる。
そうやって鍵盤の位置、指の感覚とでてくる音を結びつける。
それに音の距離を耳で聞き分ける相対音感のトレーニングにもなると思う。
耳は大事。
聞こえてきて初めてああいい音だと感じるのではなくて、
あの音を出すんだと音を想像してから鍵盤を押す。




よし、明日から2年目、開幕。^^
初心、いや、ピアノはじまりから一年経った今日、忘るべからず(笑)


02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -