2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

腰痛と仕事の繁忙期・・・
いや、繁忙期ゆえに腰痛が長引いているような気がします。。



ピアノをはじめてから、この1カ月くらいが
一番練習が出来ていないけど、昨日はレッスン。

レッスンは、決まった日時ではなく、お互いの都合で決めるシステムなので
先送りにしてもよかったのですが、練習していようがいまいが
私の場合、どっちみち、レッスンは練習の場と化しているので
行っておけと(^^;

そして、ブログも、この連休に書いておかないと
またしばらく書けなくなりそうなので、書いておけと(^^;



本当は、びこさんのコード熱(笑)を受けて
私のお気に入りのyoutubeレッスンの紹介記事を
書きたかったのですが、それはもう少し余裕のあるときに
先送りにして、今日は、昨日の「レッスンという名の練習」を
書いてみようと思います。



…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…


昨日の先生は、数えてみたら、14回目(一時間)のレッスン。

秋以降は、月2回で、キャサリンロリンテクニックで6回やっていて
それぞれの先生で1回ずつ体験レッスンをしているので
気付けばレッスン20回超え(驚)

なんだかレッスンの回数とレッスン内容が比例していないような
気がしますが、そこは・・・

あわてない、あわてない、ひとやすみ、ひとやすみ
(びこさんは初見wではなかろうかと思いますが、けもネコさんはご存じですよね?)



①春が来た

・・・を、季節柄、復習してもよさそうなものですが
全くかすりもしませんでした~(笑)

初夏からはじめた「春が来た」。
先生にとっては、あくまで練習曲のようで、季節感、関係なし。

前回のレッスンで「左のコードを、オクターブ上も押さえて4つで
練習してみて」という話があったのに、今回のレッスンでは
完全にスルー(^^;
ちなみに、たとえば、ドミソ(531)→ドミソド(5321)に。



②右手コード(リズム)

左でコードが押せても、右になるとパッと押せない、且つ指がヨレヨレ。
それに「春が来た」も「見上げてごらん」も自分の好きな(弾ける)
テンポで弾いていたからか、出されたのは
CFGを使った練習課題。

左(単音)→右(コード)の交互で

ド(ルート音)→C→ソ→C→その繰り返し→
ソ(ルート音)→G→レ→G→その繰り返し→
ファ(ルート音)→F→ド→F→その繰り返し→
ド→C→ソ→C→
左右両手でC(ジャーンってヤツ)

これを、メトロノームで70から10刻みで120まで
それぞれのテンポ通りに弾く。
左手単音は、上がるより下がる方がやりにくいから下がる。
つまり、ド→ソは、5→1ではなく、1→3か4。
右手コードは、転回も。
CFGに限らず、どんなコードでも出来る。


●レッスンで分かったこと。
「ゆっくりだと出来て、速いと出来ない」という訳ではなく
やってみると「自分の弾きやすいリズムがあって
且つ途中から速くなる」。。。orz


●練習方法。
メトロノームを聞いて弾くだけではなく、左足でリズムを取って弾く。
確かに、ジャズピアノとか、左足でリズムを取っていますよね。

自習の前に、最初からそう言ってくれれば・・・いや、こうして
やってみて気付かせることが大事なのか?

ここまでが前々回。(ちなみに、前回はスルー)


●そして、今回。
『じゃあ、スタッカートとテヌートで』。

「ドーソー、ドーソーと繋げるように」と言われた後だし
スタッカートの反対という想像は容易につくけど
「レガート」ではなく「テヌート」?


家に帰ってから、調べよう。。。



③ドミソの高速上がり下がり
(左右交互に同じドミソを繰り返して上がり下がり)


先生曰く「これ、難しくないのに、ピアノが弾ける人のように見える。
ペダルを踏んだ日には、ものすごく弾けるように見える。」と・・・
いえ、何もピアノが弾ける人のように見えなくても
私は、分相応でいいんですけど(^^;
まあ、それは冗談半分で、鍵盤位置を覚えるということのようです。


指は135でなくても、なんでもよい。


「春が来た」でも、左のCは、531で弾いてきたので
531に違和感はないのですが、右に関しては「初心者にそれでいいの?」
と思いながらも「実践を考えれば、確かにそっちかも???」と
いうような・・・

『135ではなく、123か124。なぜなら、5を使ってしまうと
そこから先には行けなくなってしまうから、5は残しておく』

と最初から言われていたので、右に関しては123。


そして、右に言えることは左にも言えることなので
左の1は残しておくとして・・・ただ、右の123のように
左を543とはいきませんが、「上がる」という前提なら
531より532の方が、両手左右を交互に弾くにしても
腕(手首)が右に動きやすいような気がしたので
まずは532でやってみようかと。


ドミソの上がりからやっていったところ、指の幅は等間隔なので
両手とも最初のドを間違えなければ、確かに難しくはないです(^^;

ぎっくり腰の最中は、こんな腰の体重移動を伴う動きは
とても出来ないので、練習したのは、ぎっくり腰になる前の
一週間くらい。
そして、レッスン前日の土曜日に「あ、下がりもやっておかないと」と
思いついてやってみたら・・・壊滅的に出来ない。。


●気付いたこと。
ドは、視覚的にとても分かりやすい位置にあることに
今更ながらに気付き・・・一方、ソを瞬時に押すのが難しい。
また、指は、上がりの逆なんだから
ソミドを左で123、右は532で下がるのが常套なんでしょうけど
指を変えるとなると、ソの位置のみならず、指も瞬時に出せず、
結果、壊滅的。。。
(上がりと同じ指のままだと、まだ下がれます)

そこで、ハタと思いついてやってみたのが、同じ上がりでも
ドはじまりではなく、ミソド、ソドミにすると、途端に間違える。
それでも、下がりよりはずっとマシなのは、一週間分の指送りの
練習の慣れ・・・なのか?

鍵盤位置を覚えるという意味では、片手で「ドミソ・ミソド・
ソドミ・・・」の上がりと下がりをやっているんですけどねぇ。
両手交互となると、脳が全く「別の動き」と判定して
応用処理と認識してくれないようです。


●そして、先生にいつも言われるのは『今できる最速でやってみて』。

レッスンで10回くらい立て続けにやると、そりゃ、結果的に
速くなってくるけど、話をしたりして中断して
いきなりトップギアで最速で弾くというのは難しい。。。


ところで、先生が隣で立ったままで、適当に速さの見本を弾いたときの
手が、結構、丸まっていることに気付き・・・
上手な人って、手首がちゃんと高い位置にあるな、とは思っていたけど
速く弾くには、手首は高く、手は丸くかも。
手首が下がると、指をパタパタさせる必要があるから
考えてみれば当たり前か。。


●ということで、継続課題として、CとG。
(でも、多分、次回はまたスルー(^^; )




④メジャースケール

詳細は省略しますが、1点、私にとっては重要な指摘。

「(黒鍵を弾く時は)もっと奥で弾いた方が弾きやすいかも。
薬指が長い?なんか弾きにくそうに見えるけど」と
言われましたが、これは、私がよほど鈍感で
普通は、自分で気付いて修正して、奥を弾くようになるもの
なんでしょうかね(^^;


●そして、課題。
『白鍵のメジャースケールが出来るなら、黒鍵5つの
メジャースケールはやっておいて。
短調は、数が多いから、記号の数と一緒に覚えた方が覚えやすいから
メジャーだけでいいから。』



…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…


とまあ、文字にすると、たいそうな量になってしまいましたが
実際にやっている内容は、超単純で、これで1時間。
そして、高度なことを求められることもなく
生徒の能力に合わせて、アマアマ(^^;


果たして、これが、吉と出るか、凶と出るか。
結果は、15年後の自分(笑)



では、帰宅して、調べたテヌートはこちら。

▼続きを読む▼

【】
春が来た、来週あたりのアップネタにしようとちょこちょこやりだしたんですが
これほんとコードの基礎練習曲としてかなりいいですね!

コードの種類どうこうじゃなくて、コードの使い方が色々ためせていいですね(・∀・)
黒鍵を弾く位置、私もちょっと黒鍵弾きにくく感じる時あるんで、ちょっと私も試してみます!

あと、右手のコードは私全く出来てないんですよねorz
これもちょこちょこ練習していかないとだめですね
【あわてないあわてない】
好き好き 好き好き 好きっ好きっ
愛してるー ですねw (一休さん)

ちなみに、頭痛持ち社会人バージョンの替え歌は、
ズキズキ ズキズキ ズキッズキッ
あっ! イッ! キてる~
ですw (有給さん)


それにしてもテンコモリのレッスン内容ですね~

私は曲のレッスンしかしてないので、お勉強はさっぱりです(^^;

【Re: タイトルなし】
> びこさん

> 黒鍵を弾く位置、私もちょっと黒鍵弾きにくく感じる時あるんで、ちょっと私も試してみます!

特に私は、曲の数をこなしていないからだと思いますが
思い起こせば、一番最初のドレミファソを弾く時から
無意識にレミファを白鍵の幅広いところの中央(真ん中?)を
弾こうとしていたようで、そのまま現在に至っているような気が。。
レミファを中央に弾こうとすると、親指、小指は必然的に鍵盤の手前側。
親指の爪の横が鍵盤の角にあたって凹んで赤くなって痛かったのも
手前過ぎというのも一因のような気がします。
また、鍵盤の手前を弾いた方が、テコの原理で小さな力で
音が出やすく、響きやすい?ということもあったかも。
そして、下手に、手が大きめで、指も長めのようで
手前で弾いていても、黒鍵にも指が届いてしまうという。。。

・・・とまあ、要は、完全に独りよがりだったみたいで(^^;

ピアノの上手な人は、しっかり恐れず、奥で弾いているように
見えます!

【Re: あわてないあわてない】
> けもネコさん

その「有給さん」は、初耳ですが、けもネコさんオリジナル?

> それにしてもテンコモリのレッスン内容ですね~

文字にすると、こんなことになっちゃいましたが
やっていることは、幼稚園児向けです(^^;
口は達者な幼稚園児相手の先生は、大変でしょうけど
プレッシャーのない趣味の習い事なので
先生はアマアマ、生徒はカメの歩みでも、お互いに問題になりません(笑)

この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -