2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

歌は苦手、楽器の演奏は出来なくても、
音楽はよく聴くし、コンサートにもよく行き・・・


という選択肢もあったハズなのに(^^;

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

行ったことがあるコンサートやライブ・・・
ジャンルを問わず、数えられるかも。


小学校の学校行事で、オーケストラのクラシックコンサートに
行ったのは、何の行事だったんだろう。
その時の「ドヴォルザーク 新世界 第4楽章」の迫力は
とても印象に残りました。

もう記憶が曖昧だけど、私が通っていた小学校では
登校時か朝の掃除の時間に流れていた曲は
「ペールギュント 朝」。
下校時は「遠き山に日は落ちて」。
「ビバルディ 春」も、何かの時間に流れていたような気がする。
今にして思えば、子供の情操教育とか教養のための
選曲だったのかなぁ。
今の小学校って、どうなんだろう。
(ジブリとかJ-POPが流れていそうな気が。。)

そんな情操教育のおかげなのかどうかは不明ですが
クラシックに拒絶感はなく、どちらかと言えば親近感。^^
と言っても、どこかで耳にしたことがあるような
有名な曲はいいけど、全く知らない曲だと・・・ね。
ま、親近感とか言ったところで、所詮、その程度(^^;


社会人になって・・・って、つまり、小学校のそのオーケストラの
コンサートの次は、社会人。。
いや、もしかしたら、その間に忘れているものがあるかも・・・
と、まあ、そういうことにしておこう(^^;

あれは、一回りくらい年上の先輩から誘われて
Boz Scaggsのライブに。
「きっと聴いたことある曲もあるよ」と言われて行ったものの
どこかで聴いたことがあるような感じがしたのは
『We are all alone』だけ。
私は何の気なしに行ってしまったけど、AORの代表というような
お方だったようで、どうも私には、猫に小判だったかも。

ただ、ライブで聴いてから、改めて歌詞を調べて「ほほー」と思って
この曲“だけ”は、その後、結構、聴きました。





それから、また空白の期間を経て・・・
あれは去年の12月。
会社の人が「斎藤和義のライブチケットがあるから
行きたい人がいれば・・・」と近くの人に声をかけていて
会社の先輩から「暇だったら、行ってきなさい」と言われ
Boz Scaggsとは違って、名前は知っていたし
曲も2-3曲は知っていたので「じゃ、行ってみようかな」と。

ほとんど知らない曲だったけど、日本語だし、繰り返しが多いし
2時間以上立ちっぱなしだったけど(そもそも全席?立ち見で
席がない)それが苦にならなかったくらい楽しめました。^^
「ライブって、いいかも」と、その後しばらくは、かなり気分は
高揚していましたが、メジャーなアーティストとなると
チケットは簡単に取れないようなので
自分でチケットを取ってまで行くまでの熱は続かず。。



以上!


はい、では、えーっと・・・

1、2、、、3回!!!

数えられるかも、ではなく、いとも簡単に数えることが出来ました(^^;



そして、いつか弾きます!^^

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -