2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

1か月更新しないと出てくる広告記事まで
カウントダウン状態でした。

「前記事の続きを備忘録として書いて完結させておかなくては」と
思いながら、かえって、そのせいで書き上げることが出来ずに
現在に至ってしまったような気もします(^^;

なので「ちょっと、ここでブレイク」じゃないですが
違う話を間に入れておきます。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

いえ、何かと言うと、今日、会社でバインダーの金具のところを
親指でグイッと押したら、なんとピアノ以外でも、第二関節が
がっつり「まむし」状態(驚)
ピアノ以外、それも職場では、今日初めて気付いたくらいなのですが
どうも私は、親指に力を入れると、日常生活においても
マムシになっていたようです(^^;


会社で気付いたので「ピアノを中学生まで習っていた」と
数か月前に知った斜め後ろに座っている同僚女子に
「ねぇ、これ、ピアノでマムシ指って言うんだけど、なった?」と
マムシになっている状態の手を見せながら聞いてみたら
「何、それー?」と驚かれて「どうやったらなるの?」と
言われた後に「でもねー、私、親指のこっちの関節(私のマムシを
第二関節としたら、第一関節の方)、こんなに反れるんだよ~」と
実演してくれました。
それが、90度というのか、180度というのか、、、
関節として曲がる向きを間違えているくらい
反っていました(^^;
まあ、私のマムシも、関節として曲がる向きを間違えている
という話になりますが。
本人曰く「ずっとこうやっていたら(机に指を押し当てながら)
なっちゃったみたいなんだよねー」と。

やはり、ストレッチ系は、ずっとやっていると
そうなっていくということの証明を見たような気がしました。


さて、そんなことが、会社であった今日。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

帰宅して、某ブログの記事で、親指の向きについて
分かりやすいように「〇」バージョンと「×」バージョンの
写真が載っていて「これは極端だけど、まあ、こんな感じ」的な。

私はマムシ解消のためには、親指の向きは、外側を向くように
意識するのがいいのではないか、、、
第一関節が曲がって指先は内側を向いていることで
第二関節に力が入らないで済んでいるのはないか
(第一関節が過度に出しゃばった代替動作をしている)、、、
という仮説を立て、ピアニストの親指の打鍵の際に
指先の向きをyoutubeで見て、その仮説に基づいて
解消に取り組んできました


ただ、ピアニストの親指の向きが外側を向いているように
見えるのは、日常的に幅広い音を掴んでいる結果だろうなとは
思いましたが。
そもそも、私の仮説が正攻法であるならば、絶対に
ピアノ業界(笑)で、世の中に流通している話でしょうし。
それに、ピアノに限らず、基本たいていのものは「自然な形」が
望ましいんだろうなとは思いましたが、私の場合、マムシ解消という
目的のためには、背に腹は代えられぬ???ということで。

結果、私としては、アリの手段だったような気がしますが
正面切って「×」となっていると「うむむむむ。。。」と(笑)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

で、久しぶりにピアノと親指について
ネットで検索してみたら、、、
当時の検索ではヒットしてこなかったブログ記事が
ヒットしてきて、それがなかなか興味深く、また
親指の記事以外も「なるほどねぇ」と思ったので
忘れないように、自分のブログ記事に貼っておこうと思い
「ちょっと、ここでブレイク」という本日の記事になりました(^^;

●ピアノの脱力のための親指の使い方について

その記事の最後の


『他の指よりも親指は独立感と力がある感じがするため、
勝手に力が入りやすい指である。
薬指や小指が弱いと感じてしまう人ほどその危険性が高い。
親指の自然な形をとにかく「意識」し、変な力が入りやすい形になって
いないかをチェックすることが、脱力の実現への大きな一歩である。』

は、実感します。
練習課題で親指から弾き始めるのは、何も考えずに弾くと
親指の音が一番大きくなっているので。
クレッシェンドなのに、最初の音が一番大きく聞こえてしまう
というような(> <)

しつこいですが、私の場合「親指の自然な形=マムシにならない形」
なので、目先「親指の先は外向き。第一関節を伸ばす」も
自然な形に含む、、、としておきます(笑)


スポンサーサイト

【】
どうやら私も親指がマムシになっていたようなんですよ!右手限定ですが。
ゆっくり弾いている途中に手元を観察すると、なにこの指のカタチ?気持ち悪っ!w
と思って気が付いたのでした( ´Д`)
特に親指が黒鍵にいくときが顕著でした。

親指がマムシになる原因をよく観察すると、長年の力の使い方にクセがあるような気がしてきました。ピアノ以外でも力を入れる際に、親指第2関節が逆関節になる使い方をしているのを発見しました。ヤバイ…

いま改善のためにやっていることは、待雪さんの引用したサイトにも書かれていますが、「親指主導」をやめて「小指主導」を意識することでしょうか。この件はおそらく、『ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと 』の本が元ネタのように思います。この本にはもっと詳しく書いてあって、ここを改めないと手を故障する危険性が高くなるそうで((((;゚Д゚)))

それと右手親指の第3関節を開く習慣が少なく、固くなっていたので、これも原因と思い、日頃から開くように意識しています。

ピアノだけでなくて、日常生活での影響が大きい気がしているんですよね。とにかく指は2~5が支えのメインで、親指は添えるだけというのをしょっちゅう意識して体に覚えこませているところです。
2ヶ月くらい経ちますが、徐々に改善してきている気がしています。

待雪さんもがんばってください(^^

【けもネコさん】
> どうやら私も親指がマムシになっていたようなんですよ!右手限定ですが。

えー??? マジですか(^^;
けもネコさんは右手限定とのことですが、私も左はならなくなった(気付かなく
なっただけかも)けど、右はちょっとした拍子に出てきます。
右利きは、右の方がなりやすいのでしょうかね。

> なにこの指のカタチ?気持ち悪っ!w

プププ。
あの逆に入り込んでいる様を目の当たりにすると
「妖怪人間の手」と命名したくなるでしょー(笑)

> 特に親指が黒鍵にいくときが顕著でした。

私は、例えば、小指保持で他の4指の独立の練習を
C,D,E・・・メジャー/マイナーで
順にやっていくと、Eメジャーあたりで、手指が疲れて
ガッツリ力が入ってくるようで、右親指が気付けば
マムシです。左はならないんですよねー。

> 親指がマムシになる原因をよく観察すると、長年の力の使い方に
> クセがあるような気がしてきました。

基本、体の使い方って、これまでのそれの集積ですよね。
それはヨガや筋トレをやると、実感します。

>ピアノ以外でも力を入れる際に、親指第2関節が逆関節になる
>使い方をしているのを発見しました。ヤバイ…

それは、やはり完全にマムシ予備軍だったということですね(^^;

> 「親指主導」をやめて「小指主導」を意識することでしょうか。

これは、私も実体験として感じているのですが、左がマムシにならないのは
小指がしっかり第一関節が曲がって、指の重さを関節でちゃんと
支えることが出来ているからではないかと。
私、右の小指の第一関節が曲がりにくく、左に比べると鍵盤を掴めない、
滑っている感じがしていて、それらのしわ寄せが親指側に力が入る
要因になっているような気がします。

>ここを改めないと手を故障する危険性が高くなるそうで((((;゚Д゚)))

大人のピアノでは、気にならなければ、そのままでもいいことに
している、、、というようなピアノの先生の記事を目にしたことが
ありますが、私はどうにも気になるのと、日常生活のマムシは
おそらくそれほど出現率は高くないと思うのですが、ピアノを
毎日弾いていると出現率が格段にアップするので、故障の危険性は
高くなると思います。

> しょっちゅう意識して体に覚えこませているところです。

クセを直すって、結局、新たなクセを覚えこませるということ
ですもんねー。

> 2ヶ月くらい経ちますが、徐々に改善してきている気がしています。

多分、私よりずっと気を付けているんだろうと思いますが、
2カ月くらいで、改善が実感できるのはうらやましいです。
私、現状(力が入ると、右は出現レベル)に至るまでに
どれくらいかかったやら(> <)

> 待雪さんもがんばってください(^^

ありがとうございます~。
マムシに関しては、私に「一日の長」???があるような(笑)

けもネコさんのリンク先のアレクサンダーテクニックの先生の
記事や、みんなのピアノ先生のyoutubeにもマムシ考が
ありましたが、当然、既に目にしていますか?
【】
リンク先のアレクサンダーテクニックの先生の
記事や、みんなのピアノ先生も参考にしています!

第2関節が出るように親指を押し付ける方法は、関節が痛くなるのでだめでした…

あとは、矯正輪ゴムや、演奏時にゴムひもで親指を引張る方法もやってみましたが、しっくりこなかったです。
魔法のリストボードという道具を買って試しましたけど、親指の力を抜くにはよかった気がします。

そして、ついにアレクサンダーテクニークのレッスンを実際に受けたのですよ!w
これはなかなか目からうろこでした。正しい脱力は、この中にありそうです。
今は腕と手首のボディマッピングを意識しながら、手を使うように心がけています。

【けもネコさん】
> リンク先のアレクサンダーテクニックの先生の
> 記事や、みんなのピアノ先生も参考にしています!

でしょうねー。
・・・というか、けもネコさん、速読とかやっているんでしたっけ?
ピアノの練習、読書、ネット、、、そして、日中は仕事で
どういう時間割りにすると、これだけをカバー出来るのか
謎です(笑)
まあ、私の時間割りの大勢を占めるいわゆる「休憩時間」のような
ものがないのだろうと推測しますが。

> 第2関節が出るように親指を押し付ける方法は、関節が痛くなるのでだめでした…

何が合うかは人によると思いますが、関節が痛くなるほどって
かなりガッツリ力をかけたとか???

> あとは、矯正輪ゴムや、演奏時にゴムひもで親指を引張る方法も
> やってみましたが、しっくりこなかったです。

演奏時、というか練習時に、左手の人差し指と親指で
右手の第二関節が凹まないように持って弾くと
どういう時に凹もうとしているのかが分かったような
気がします。
かと言って、直せるかどうかは、また別のお話でしたが。
まあ、理解や意識が出来るかどうかが第一歩ということで(^^;

> そして、ついにアレクサンダーテクニークのレッスンを実際に受けたのですよ!w

えぇ?
まだ記事になっていないですよね?
そして、結構、お高いですよね?

パーソナルトレーニングを受けていると、それモドキのことに
触れているような気はするのですが、興味、あります。

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【鍵さん】
「大人のマムシ」記事はあまりないようで、たまーに
こうしてコメントをいただくことがあります。
ありがとうございました。^^

「指を高くすると、マムシになりにくい」というのは
分かる気がします。
他の4指でいうところの第3関節のアーチが
親指では第2関節になるので、そこが高くなると
そこで支えるしかない???からでしょうか。

それの逆の「低いとマムシになりやすい」というのは
同感ですが、第一関節を伸ばした状態でマムシは
私の場合、ピアノを弾く分にはならないです(^^;
ですが、その状態の指を作ることは出来ました。
ピアノを弾くには、どこかで指を支えなくてはいけないので、
その状態で、親指を支えているのは、指先ということに
なるのでしょうかねぇ。。。

けもネコさんのコメントも参考になると思いますし、
何がピンと来るかは人それぞれですが、、、突き指っぽく
(あくまで「っぽく」ですが)親指を手首側に押すようにして
『指先に衝撃があったときには、第二関節を出す(≒その方が楽)』
ということを第二関節に覚えさせるのが、マムシ脱却の第一歩かと
思います!
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -