2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

親指のまむし指の続き。

よく観察してみると、ただ右手の12345で
ドレミファソと弾くだけで、3のミを弾いた時点で
1の親指の付け根が伸びて、2の人差し指側にスーッと
引っ張られているような(^^;

右手の親指の第二関節を外に出そうと
左手の指を水かきに入れて、ドレミファソと弾いてみると
ミの時に、力が入るというか、腱?か何が内側に引っ張られるのが
分かります。

気にし過ぎ、、、と言ってしまえば、それまでですが
なんと言っても、気をつけないと妖怪人間レベル。。。
と言っても、さすがに「ドレミファソ」からは
精神的にキツイ。。。orz

と言っていても、はじまらないので、困ったときのyoutube。
(習っているなら「困ったときは先生では?」というツッコミはなしで)
「初心者 ピアノ youtube」で検索したら
トップにヒットしたのが・・・



ん?


おやおや??


これって???





びこさんのところに確認しに行きましたよー(笑)





「今までピアノなんて触ったことがないという人も
一日頑張れば弾けるようになる!」

というコンセプトのようで、1年ピアノを触ってきて
且つちょっとだけコードをかじっている人が
やってみたらどうなんだろうと思ってやってみました。



攻略?時間、約30分。
ハハハ(^^;


びこさんなら秒殺でしょう!^^



30分もかかった背景は・・・
左の和音を同時にジャーンではなく、アルペジオになると
左:521  右:2321
で右の2回目の2の時に、左の2もつられて押してしまう。orz



それにしても、この動画、コメントを読んでいくと
①「ドレミが欲しい」
②「左手が訳わかんない」
③「片手づつなら弾けるけど、両手だと弾けない」
などとありますが・・・・・


分かります!!!


私も、全くピアノを触ったことがなかったら
9割9分、この3人と同じこと、言っていたと思います(^^;
1年やっていて、よかった(笑)



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ということで、大人の初学者ピアノを応援している
このブログ(←いつから?(^^;)、上記①②③に回答しておきましょう!


①「ドレミが欲しい」

左(521)   右(2321)
ラミソ     レミレド
ファドミ    レミレド
ソレファ     レミレド
ドソシ     ドソレ
 ~ 繰り返し~  
  (最後→) レミレド ド


②「左手が訳わかんない」

一日でとにかく曲らしく音を出すなら
youtubeとにらめっこして、ひたすら反復練習。
そうじゃなければ、コードで考える。

コード進行は
Am7 FM7 G7 CM7 (Am F G C)
動画は、セブンスの基本形の二番目の音を省いているみたい。
この動画のコンセプトからすれば、カッコ内の方が単純で
簡単だと思いますが、セブンスの構成音の方がカッコいいからでしょうか。

Am7: ACEG(ラドミソ)   Am: ACE(ラドミ)
FM7: FACE(ファラドミ)   F: FAD(ファラド)
G7: GBDF(ソシレファ)   G: GBD(ソシレ)
CM7: CEGB(ドミソシ)   C: CEG(ドミソ)

構成音の早分かり表は、こちらが便利。
http://piano-c.com/pianoChord_Ami7.html


③「片手づつなら弾けるけど、両手だと弾けない」

この楽譜があれば、左の音と右の音が縦で並ぶので
左右の順番が視覚でも確認出来て分かりやすいけど
強引に書けば、こんな感じ?

左 5  2  1       → ラ ミ ソ
右 2    3  2  1   → レー ミ レ ド

あとは、youtubeの「練習中」の音を聞いて
指に動きを覚えさせる反復練習。orz


以上、独断と偏見ですので
間違っていたら、あしからず~。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



そして、ここまで書きあげたなら?、
最後まで面倒を見ておきましょうかね。
(こんなにベタベタ貼って大丈夫だろうか?・・・って、今更か(^^;)

コード付き歌詞はこちら

歌っているyoutubeはこちら

玄人さん向けに「私のHP」に「楽譜」が載っているということで
探してみました。
youの楽譜はこちら




えーと、ところで結局、私のまむし指は、、、支えは、、、
どうしたらいいのやら(笑)
少なくとも「反復練習あるのみ」ではなく、
大人の知恵を働かせて、鋭意取り組み中!

大人のピアノの悩みでは、それほど目にしないまむし指。

子ども特有という訳でもないと思うのですが
大人は、関節自体はもう出来あがっている(柔軟性は
失われている?)ので、練習をしている間に
指が合理的に支えるようになっていく、、、とか?

というのも、ガッツリ支えられるようになっている訳では
ないけど、234の指は、鍵盤を押した状態で、第一関節を
軽く押してみると、ちゃんと抵抗を感じられるくらいには
なっているので。^^

薬指は意外な感じもしますが、確かに上下運動は
23に比べると圧倒的に低パフォーマンスですが、
第一関節に注目すれば、私は人差し指より薬指が長いし、
15より、断然23にグルーピングなので。



そして、私の大問題?だったのが、親指のまむし指
最近は、ほとんど気にならなかったのは
知らず知らずの内に直ってきたから・・・なのか
指の独立練習のような、極端に親指に力が入るような
ことをしていなかったからか。。。。
まあ、精神衛生上、知らず知らずの内に直ってきている、、、
ということにしておこう(^^;



そうなってくると、最近、気になってきたのは、今度は
親指ではなく、右小指の第一関節がスッと曲がらないこと(涙)
左小指は、鍵盤を押すと、自然に第一関節で踏ん張って
鍵盤を掴んでいる???ような感覚があるのですが
右は第一関節がスッと曲がらずに、鍵盤の上を滑っている
ような感じか、べチャッと小指の腹で押してしまっている感じ。


突き指をして放置しておいたという記憶はないのですが
右の小指の第一関節を曲げてみると、関節周りにうっすらと
脂肪がついているかのように、曲がるのに抵抗があって
形状記憶のように、すぐ元に戻りたがる感じ。
左の小指は、PCのキーボードで、使わざるを得ないけど
右は小指ではなく、薬指で済ませてしまって
小指をほぼ使っていないから、案外、うっすら脂肪がついている説も
あながち見当外れではなかったりして(^^;


じゃあ、仮に、左の小指は「出来ている」ことにすると
「右の小指との違いは何なんだろう?」とあれこれ見比べていたら
第一関節が曲がって、ちゃんと堪えられるということは
手指の構造上、手の平側の踏ん張り(支え)がきいているような。
右は、その踏ん張りもきかずに、結果的に上滑り、あるいは
指の腹でべチャッとなってしまっているような。。。


それで、ふと「手のひら側の支え」で、思い出したyoutubeがこちら。
2分15秒あたりの「2と3の指の付け根の関節で支えている」というくだり。





もう一つ。
あやちゃむ先生、いろいろ分かりやすいと思うのですが
どうもなんとなくアンチがいるようで(^^;

親指の支え(アーチ)を意識する前に、私の場合は
その親指の付け根がぺコンと凹んでしまう問題がありますが、
それはともかく、親指の「支え」が大事なことは
具体的によく分かります。





この2つのyoutubeは、以前に文字通り「アルペジオ」と「和音」で
検索したものですが、結局、全ての道はローマに通ず、、、
という話しのような気がします。

ということで、ローマ、、、ではなくて「支え」が必要なのは
分かりました。

とりあえず、親指は直りつつあるものとして、小指をどうしたものかと
検索していたら・・・私の疑問をあっさり解決に導いてくれそうな
ブログ記事を発見。^^


http://ameblo.jp/oshimasatoko/entry-11454411283.html


『第1関節を直す前に重要なのは、第3関節が支えとして機能しているか』
そうか、順序があったのね。

『一番強度が高いのがアーチ型で、橋の下の形を思い出してみてください』
おぉ、なるほど。。。


そして・・・


『どんな方でも直りますよ!』


ありがたいお言葉(^^;


このブログ記事の「脱力法メソッド」から
私と全く同じパターン(親指まむし→改善?→小指が気になる)の
初心者仲間???を発見!
マリンちゃん、5歳くらいみたいですが(^^;

http://ameblo.jp/shiho-nijinooka/entry-12173165573.html


マリンちゃんがやったという脱力法メソッド、
何気にちょっと気になります。

けもネコさんご紹介の暗譜方法の記事。

暗譜方法と言えば、以前、検索して見つけて、将来的にいつかは
役に立つかも知れないと思い、ブックマークしておいたページがあるので
ここに一緒に貼り付けておきます。
一つにまとめておけば、分かりやすい。^^

http://blogs.yahoo.co.jp/pfmelody/folder/1149992.html?m=lc&p=2



・・・と、ここまでにしておこうかと思いましたが
暗譜以外のページで、私にとってはタイムリーなページが
あったので、それも一緒に貼り付けておきます。

というのは「カッチーニ?のアヴェマリア」と一緒に
「主よ、人の望みの喜びよ」の楽譜も手にしていて
そちらもかじっているので(^^;
出来る、出来ないは二の次として、こういう話しを読んで
「なるほど~」と思ったりするのは楽しいです。^^

http://blogs.yahoo.co.jp/pfmelody/28663532.html



私の現状は、まずは、ただ音を追いかけているだけで
曲の理解とか表現なんて、ずーっと先の話しですが
「主よ」の右手は、楽譜の音符が読めていなくても
(レを鳴らしながら、口ではラと言っていても)
楽譜の音符の並び(視覚)で正しい音が弾けてしまうパターン(^^;

多分、ハノンって、こんな感じで弾く指の練習なんじゃないかと
思うのですが・・・
たとえば 『ソラシ ドレミ レドシ ラシソ』 と山なりにあったら
最初のソを間違えなければ、あとは楽譜の山の通りに指を送れば、
正しい音が鳴っていて、且つ、こういう指の送りって
無理がなくやりやすいので、指が覚えてしまいます。^^

まあ、そんなことに喜んでいる前に、それくらいのスピードの
ト音記号のそんな分かりやすい音階を正しく口に出せないのは
どうなのよ、、、という話しはあるでしょうけど(^^;



そして、相変わらず、私の手持ちの楽譜とは音符の数が
違い過ぎますが、また全音の王様のピアノアレンジで
森本茉耶さんの演奏がありました~。^^








びこさんへプレゼント~(笑)


なんだかもったいつけていたような感じですが、
もしかしたら、既にご存じだったりします?

既にご存じと言えば・・・けもネコさんは、たいていの初心者が
辿り着く先はチェック済みというイメージですが・・・
でも、これはコードレッスンなので、さすがのけもネコさんでも・・・
うーん、どうだろう。。。
(・・・って、たまには、けもネコさんを出し抜きたい!w)



かつて、びこさんのコメント欄に「circle of 5th」について触れたことが
あるのですが・・・あれは、このレッスン動画を見て「5度圏」に
ハマっていた頃です(笑)


この先生のお経のような呪文のような

「C~ F~ B♭~ E♭~・・・」

が私には何故かツボ。^^
加えて、たまに聞こえる電車の音(笑)



さてさて、ところで、例の動画。
けもネコさん表現を借りると「しゃく取り虫」の動きは
この動画の1分過ぎからの


「すごく大事なことは、CからFを探して、人差し指で軽く触れておいて、
同じ音で親指にシフトして・・・」



のところで



「それだ!!!」 と。^^






で、こちらがレッスン一覧です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLiBDVJHntZp7S-wZHMuq5oD_UekMzMHCq

このレッスン、僭越ながら、びこさんの即興演奏の役に立ちそうな
レッスンがたくさんあるのではないかと思うのですが(特に後半)
どうでしょう?(笑)
私は、技術と根気が追いつかず(^^;
何せ、ハマったと言いながら、マイナーコードまで(dimとかsusの手前)で一時中断。。。



最後に・・・

私、この先生のまわし者でもなんでもありませぬ。
念のため~(笑)

なんか・・・弾けそうと錯覚しそうなのが怖い(^^;
いえ、絶対、右手は弾けません。。。


Cのダイアトニック・コード。





09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -